スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trial

裁判員制度が始まったがこれはどうなのだろうか?
う~む、この制度の有用性がわからない
庶民の常識を司法に取り込むというのが目的らしいが裁判官は当然常識を持っているはずだからそれには何の意味もない
国民が裁判に興味を待つようになると考えるとそれの利点がわからない
決断を下す際に人数が多いと慎重に審議ができるが、プロがやらねば意味がない
知識のない人間が参加すれば余計に裁判が延びてしまう
                                                 以上
スポンサーサイト

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★No title

おひさしぶりです。
僕も裁判員制度には、反対です。
人の人生を変えてしまう 裁判 それに、一般市民をだすというのはどうかと・・

★Re: No title

裁判は本来市民がやることです
私は、裁判官と庶民に差はないと思います
いきなり、国が「参加しろ」と言うのも迷惑ではありますが、それを「荷が重いという」と断るのはなかなか無理のある話だとも思います
でもやはり、いきなりはまずいと思います
結局のところそういう話斯くある儘にしておくべきでと思います
A latest story
Profile

Gir

Author:Gir
なんか最近詩(私にとっては・・・)を書くのにはまってます

Vote
投票お願いします
blogram投票ボタン
Counter
clock
Online counter
現在の閲覧者数:
Calendar
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Latest comment
Category
Search form
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。